外資系キャリアウーマンの日常

貪欲な三大欲求を持つアラサーの頭の中を吐き出す雑記

洋服処分祭り開催中

定期的に掃除したい欲というか、物を処分したい欲が湧き出てくるのだが、ここ2ヶ月くらいその欲が溢れかえっているので、洋服を処分しまくっている。処分対象は、体型変化により着れなくなったもの(筋トレでおしりを大きくしているので、今後痩せてもどうせはいらない)、着てテンションが上がらないもの、そもそも1〜2年着てないもの、あたり。最近は長めのスカート丈が流行だし、そもそも20代半ばに着ていた服が30代になっても似合うだなんて、流行的にも雰囲気的にもなかなかないので、手放したほうがいいはずだ。

ただし、当時背伸びして買った洋服たちは今のほうが似合ったりしてる。毎日真夜中まで働いて、その残業代で良い洋服やバッグを買った当時の私を褒めたい。

洋服処分祭り開催に伴い、メルカリが大活躍している。服を処分するときに、「もったいない」という気持ちが邪魔になる。この服高かったのにな、とか、可愛いのに、とか、そういうやつ。でもゴミ袋に捨てるのではなくて、売れると思うと、着ない服でお金を得ることができるので、処分のハードルがかなり下がる。

結果的に、前までぎゅうぎゅうに洋服が詰まっていたクローゼットがすっきりした。勢いで処分しまくったけど、今のところ特に困ることは起きていない。

 

ちなみに私の場合は洋服が多いせいで、クローゼットが広めの部屋に住んでいるので、この着ない洋服に場所代/家賃がかかってる、と思うと結構やる気がでたのでおすすめ。