外資系キャリアウーマンの日常

貪欲な三大欲求を持つアラサーの頭の中を吐き出す雑記

11回目のケミカルピーリング感想&効果

先週半ばに11回目のケミカルピーリングをした。ちなみにピーリングをしてから数日経ってから感想を書いているのはちゃんと理由があって、経験上、ピーリング直後は効果がないか、むしろ化粧ノリが悪くなって、そのあと回復するからだ。

9回目くらいから学んで、ピーリング後数日は保湿に気をつかうようになったので、以前あったようなピーリング後に肌がカサカサすることはなくなった。あとは夏になって湿度が高くなったからかもしれない。

ここ最近、肌が綺麗になったと効果を実感している。おでことか頬骨あたりが、ファンデーションの広告みたいに、つやっとぴかっとしている。あと、鼻周りの頬の毛穴が薄くなったのと、肌のトーンが明るくなった。ファンデーションのノリもすこぶる良い。

 

でも正直、これがすべてピーリングの効果と思うかというと懐疑的だ。というのも、ここ最近、以前は荒れやすかったり、なんかガサガサしていた背中やデコルテがすべすべしている。でも、ボディのピーリングをしているわけではない。これはなんでかと考えた結果、ダイエットのためにチョコレートなどのお菓子をやめて、食事は野菜とたんぱく質中心にし、週3〜4回ペースでジムで汗を流しているからかなと思う。私が大好きな杉本彩も、汗は最高の美容液、と言っていた。

とはいえ、これらの効果は油脂が出にくくなって、肌荒れが起きにくくなった理由にはなるものの、毛穴が目立たなくなる理由にはならないかなと思うので、ケミカルピーリングはやっぱり効果があるものなんだと思う。

 

少なくとも私はケミカルピーリングの効果をすごく感じたのは初回と、9〜10回目くらいが経過してからなので、金額的にも普通は途中で諦めちゃうよなーと思う。私もやめ時がいつなのか考え中。