外資系キャリアウーマンの日常

貪欲な三大欲求を持つアラサーの頭の中を吐き出す雑記

GOT シーズン6までみた感想:女性の成長を描いているドラマ

ネタバレなしに努めます。

ゲームオブスローンズは誰が生きてるとか言っただけでネタバレになるので、具体的なキャラクター名は出さないが、現時点での私の感想は、このドラマに出てくる女性達は強く、過激で、気が狂ってる人たちばかりだが、この物語は女性の成長を描いていると言っても過言ではない。舞台的には本来であれば女性は男性から守られる立場だが、このドラマの女性達はみな、その守られる立場を捨ざるを得なくなり、自らの頭脳や家柄をしたたかに利用して、自分の目的を達成していく。そして、誰かを信用した人は死んでいく。

最初は興味がなかったり、好きじゃなかった女性キャラクターが、あまりにもキャラが立ちすぎていて、シーズンを進むごとに好きなキャラクターに変わっていく。サーセイなんかは良い例で、途中からサーセイが話すたびに笑えた。頭がおかしいのだ。でも彼女には信念があり、それを守るためにはどんなことだってする。

男性達ももちろん魅力的だ。でも、女性達の成長具合をみると、男性達はキャラクターが薄いというか、大事なところで詰めが甘い。そこがむしろ、人間味があるとも言える。女性達はもはやみんサイコパスだ。どうやったらそのシチュエーションで笑えるんだよ、と思うことばかり。

昨年ハマっていたBreaking Badは、脚本家は女性が嫌いに違いないと確信するくらい、感情的で自己中心的な女性ばかりだった。それに比べてGame of Thronesは魅力的な女性ばかりである。今のところ1番好きな女性キャラクターは誰かな?と思ったが、正直選べない。それくらい全てのキャラクターを緻密に描いている、素晴らしいドラマである。