外資系キャリアウーマンの日常

貪欲な三大欲求を持つアラサーの頭の中を吐き出す雑記

金曜の在宅勤務ってお得な感じがしてよい

昨日時点では雪が積もるかどうかわからなかったので、今日在宅勤務する申請をした(うちの会社では在宅勤務は前日までに申請が必要)。

私はだいたい寝起きから1時間後くらいに家を出る。通勤時間はドアtoドアで30分。これが在宅勤務になると、顔を洗って歯を磨けばいいだけなので寝起きから5分くらいで働くモードになれるし、往復通勤時間の1時間を仕事にまわせる、つまり、仕事を1時間早く終わらせることができる。これだけでも在宅勤務ってすごくいい。

それに、通勤しなくて初めて気がついたことだが、通勤ってどうやら疲れるようだ。在宅勤務した日の夜は、今日ちゃんと仕事したかな?って思うくらい、体力が有り余ってる。特に真夏と真冬の通勤による体力の消耗は激しい。

なので、金曜に在宅勤務をすると、いつもより1時間早く飲みにいけて、しかもすごく元気な状態から飲める。いいことしかない。なんだか、3連休みたいな気分になる。

 

家で出来る仕事とできない仕事があるからいつも在宅勤務ができるわけではないが、もう少し在宅勤務の頻度を増やそうかな。化粧しないのも、家でごはん作って野菜をたくさん摂れるのもメリットだ。