外資系キャリアウーマンの日常

貪欲な三大欲求を持つアラサーの頭の中を吐き出す雑記

海外ドラマBreaking Badが面白すぎる

今まで海外ドラマを観てこなかったものの、デートしていたアメリカ人からものすごい勢いで勧められたため、アメリカのドラマBreaking Badを観てみた。

彼から勧められたのは2回目で、なんなら他のアメリカ人からもおすすめされていたものの、なんだか乗り気にならず観ていなかった。日本でこのドラマを話題にしている人って聞いたことなかったし、海外ドラマってシーズン多すぎて、ドラマにたくさんの時間を割きたくないと思っていた。

とりあえず観てみるか、と1話目を観た結果、見事に心を鷲掴みにされた。なんだこれは、と。始まりはストーリーが全く理解できない。冴えないおっさんが出て来る。でも1話目のラストになると、冒頭が理解できる。そうなると、なぜそんなことになったのか気になってどんどん観る。結果的に5シーズンあるこのドラマを2週間で観終えた。私の生活リズムはめちゃくちゃになって、平日は睡眠時間を削り、休日は10時間以上観たときもあった。

仕事に対する集中力は失ったが、得たものもあった。英語のリスニング力である。海外ドラマなので英語がものすごく速いときもあるし、知らない単語もどんどんでてくる。でも回を追うごとに日本語字幕から察してなんて話していたか分かるようになっていった。最後の方には、このシチュエーションなら、この次はこう話すだろう、と想像できるくらいになっていた。偶然にもこのドラマを観ている期間に英語の試験を受けることがあったが、リスニングで聞く英語がとてもゆっくりに感じた。

色んな人が言っているとは思うが、楽しく英語学習をするうえで、海外ドラマは有効な気がした。ちょっと汚い英語も多いので、このドラマから英語学習するときはジャンキーたちの英語ではなく、主人公ウォルターとかの真似をしたほうがいいとは思う。